CHOCHIN BAG

February 7, 2016
pshiho

The CHOCHIN is a lamp consisting of paper stretched over a frame of bamboo, wood or metal. The paper protected the flame from the wind. The CHOCHIN became popular in old japan. Early on, the CHOCHIN was handheld; it could also be placed on a stand or hung on a wall. Some had a drawer on the bottom to facilitate refilling and lighting. A handle on top made it portable. But It isn’t used recently.

I redesign it as bag. Then, We can use it more usualy.

——–

提灯は、内部に明かりを灯し、紙などの風防を通して周囲を照らす。「提」は手にさげるという意味で、携行できる灯りを意味する。いわば昔の懐中電灯で、中に蝋燭を点して持ち歩いたが、現在では祭礼の際を除くと、日常の場でこのように使われることはほとんどない。

細い割竹等でできた枠に紙を貼った伸縮自在な構造を生かして、たたむと小さくなるエコバッグを提案する。夜になると提灯の灯りが灯る昔の日本の風景がまた見られるかもしれない。


Leave a Reply

CHOCHIN BAG CHOCHIN BAG CHOCHIN BAG
loading..